ホーム > 高齢者のための住まい

高齢者のための住まい

高齢者のための住まい

高齢化対策の住まいというのは、つまりバリアフリーの考え、事故の予防を重視する事だと思います。
例えば、身近な親に対するバリアフリー対策。今は元気でスポーツも楽しんでいるようでも、よく見ていると、階段の上り下りが億劫そうだ、とか。廊下でよく躓きそうになるとか。照明が暗いとか見難いというとか。スポーツジムでシャワーを浴びてくるから自宅でお風呂に入らなくていいというのは、自宅のお風呂が使い辛かったり危ないからではないか、とか。 

もしかして、わずかに手を貸してあげることで、随分楽になることがあるかもしれません。

必要な時は呼んで、とか、同居しているから大丈夫、とは言っても、いざその時にたまたま不在だったり遠慮があったりまだ大丈夫だと本人が思っていたりして、結果思わぬ家庭内事故に会うことがあります。後悔したくないために、未然に防げたり日頃の動作も楽になるものなら、前もって用意しておきたいものです。

高齢者の為に必用な物

階段や段差可能であれば出入口の手すり。ただ通常の手すりは壁から出っ張りますからスペースによっては手すりの形状でなくてよい場合もあるでしょう。また、どちらか選べる場合は降りるとき利き手側に手すりがあるほうが体を支えやすいです。手すりの高さは一般に75~80センチが多いですが、体格や体調などにより腰骨や手首位置を基準に検討したりしています。
手すりは体重をかけて大丈夫なように、下地がしっかりしていない場合には補強材を取り付けます。

段差解消は、例えば、車椅子だと自力で乗り越えは高さセンチが限度と言われています。歩ける場合も、摺り足などでは手すり有りとしてやはりセンチ、 元気な方では段差15~19センチ(段差の奥行きにもよります)までがよいと思います。

昔の型だとキッチンや洗面台の高さが低めに作られているために、腰痛になりやすいまたは悪化させやすいことがあります。
スペースがあれば腰掛イスを置くなり費用を掛けないやり方がありますが、もしリフォームの予算がつくなら、高さが変えられる工夫や商品もあるので検討してみてもいいでしょう。
浴室には是非とも手すりはほしいです。どんな人でも足を滑らせる危険性があります。出入口、浴槽・シャワーへの道中、浴槽脇に手すりがあると安心です。無防備な時にすぐ捕まれる安心感は大事です。タイル壁かユニットバスかで工事や取付場所の可否があります。

高齢者の部屋の近くにぜひトイレを置いてほしいと思います。出来れば可能な限り夜もひとりでトイレに行きたい。それには近くないと。
照明のスイッチ、立ち上がり、歩行、出入り、腰の上げ下ろし。補助器具もいろいろあります。トイレ内が狭い場合、便器の位置をずらして設置できることもあります。
現場も様々ですが、必ずできる工夫があると思います。

照明も工夫することで視力の衰えをカバーすべく、設置場所を増やしたり明るいものに変えたりセンサーやリモコン付にして事故を防げたりできます。

扉を引戸にできると事故が起きにくいかと思います。トイレなどは内側で倒れた場合開かないと困るので外開きか引戸にします。ドアは開閉時に一歩引いたり押したりの動作が必要です。一般に音や換気や費用面を考慮して片開戸を選ぶ場合も多いのですが、可能であれば引戸にしたいものです。
当初の設計の際、24時間換気の条件に扉の仕様が入っていることもあるので、24時間換気がついている場合は設計図書の検討が必要です。

アクセス


大きな地図で見る住所
東京都目黒区中町2-4-11
最寄駅
東急東横線 祐天寺駅
電話受付時間
平日・土曜
10:00~19:00
※平日都合がつかない方は、お気軽にご相談ください
定休日
日曜

お問い合わせ 詳しくはこちら