本日の発見!

2012年4月18日 水曜日

バリアフリー段差について

今日はある商店街で一瞬驚いたことがありました。

そこは某携帯電話会社のショップ前だったのですが、屋根のないカブリオレの赤いスポーツカーが停まっていました。
と、その脇から、今降りたと思われる車椅子の男性が車の後ろに回り込みました。
「え、車椅子でスポーツカー?」
と思ったのも束の間、なんとその車椅子は、店に入る道路の縁石と店のポーチの5センチずつの2段の段差を、
ぐっと両手で前輪をつかんで空中に上げたかと思うと、次の瞬間、
まるでジャンプするみたいに、両手を操作して、大きな後輪を回して、難なく乗り上げたのです。
そして男性はそのまま一気に自動ドアを入って行きました。

ほんとに一瞬のことでした。
素晴らしいワン・プレーでした。
車椅子のスポーツマンだったのかもしれません。
でも、車椅子で10センチの段差を乗り越える人を初めて見たのです。

通常、バリアフリーを考えるとき、室内の段差は0~2センチ以内が理想です。
屋外なら、道は水平ですらなかったりするので、真っ直ぐ進むのも大変なところがあります。

でも。

住宅の和室では、スリッパの脱ぎ履きがあったり、
人によって多少の段差がある方が抑えがきいて動作が楽だったりすることもあります。

個人差、が大きいのですから、住宅はそこに住む人それぞれに合わせた住まいであるべき。
そう思います。
一人なら一人の。家族がいれば家族の分だけ、思いがあるのだと思います。

例えば、今日の車椅子の男性の住まいは、どんなのだろう、
と、ふと思ったのでした。
人によって、感じるバリア(障壁)は違う、ということを痛感した一瞬でした。

投稿者 目黒区の一級建築士事務所オリガミックアーキテクチャー | 記事URL

2012年4月15日 日曜日

倉庫~機能的に収納する場所

さて、時間的優先順位がなかなか上がらず、ブログ更新が遅くなっていることを反省し、
ここでは、毎日の暮らしの中から職業柄「発見」=気付いたことを記していきたいと思います。
-----------

今日は、たまたま「倉庫」です。

プライベートでグラウンド練習するスポーツをしています。
利用するのは地元の小学校なのですが、大人になると、なかなか
「学校の倉庫を利用する」というシチュエーションがないのではないでしょうか。

今日みたいな雨上がりのグラウンドは利用後のスパイクの跡が目立ち、
しかも、我々の後に少年サッカーの地区大会があるとのことだったので、
土を均す道具を取りに行きました。

校舎の一部だと思っていた、数年前に出来たプレハブの1階の大きな扉を開けると、
思わず声が出ました。「うわあ」。広い。

通常利用している別の学校の倉庫に比べ、奥行が2倍以上。
手前側がまるきり空いていて、道具が見やすいこと。

倉庫とは確かに道具を入れる場所だったりしますが、
実はそれの効果や機能を上げるために、ぎちぎちでなく、
探す・見つける・動かす・取るためのスペースが要るのです。
それは、家の中の「物置」「納戸」「押入」も同様ではないか、と。

「倉庫」とは、モノを機能的に収納する場所でありたいものです。
例えば、キッチンの収納。食品庫。冷蔵庫。
例えば、玄関の収納。下駄箱・下足入。コート掛け。運動用品の収納。
まだまだ、いろいろありますね。

最近「断捨利」という言葉が流行っておりますが、それでも(私も含めて)
なかなか捨てられない事・モノがありますよね。
おそらくは、捨てる、処分する、不要とする「基準」が大事かと思います。

それが今の自分を機能させているかどうか、自分がそれらを機能させているかどうか。
ちゃんと「活かせて」いるだろうかと、
収納を考えたとき、自問自答するところから始めたいと思います。

などと、グラウンドを均しながら考えていました。


投稿者 目黒区の一級建築士事務所オリガミックアーキテクチャー | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る住所
東京都目黒区中町2-4-11
最寄駅
東急東横線 祐天寺駅
電話受付時間
平日・土曜
10:00~19:00
※平日都合がつかない方は、お気軽にご相談ください
定休日
日曜

お問い合わせ 詳しくはこちら