『住まいの語録』

2012年5月29日 火曜日

口自慢の仕事べた

 口叩きの手足らずとか、口では大阪の城も建つともいう。
 口が動けば手が止むわけで、世の中に、口も八丁手も八丁と揃った人は少なく、口下手の仕事上手や、物言わずの早細工も珍しくなってきた。
 土地購入・設計依頼・工事契約という、対人関係を前提にした仕事の進め方は、何よりも相手をそれだけ信用できるかにかかっているわけで、そのさい、口自慢より仕事上手を、論より証拠、耳でなく目で確かめたい。
 安普請ばかりやってきた業者が最高のできといってもどのくらいか、安普請のくせが出てくるのではないか等々、最新の実績から確かめる必要がある。建築の専門家を友人にして相談するのもいい。コンサルタント料を支払う相談もふえてきた。とにかく、うっかり口車に乗せられぬことだ。
 口を閉して目を開けという。口にも目にもいろいろあるわけで、やたら見て回っても、目うつりするだけだ。より良いもの、より美しいものに、自分の心と対話させながら、見る目を養って、心豊かな住居づくりを目ざそう。(茶谷正洋『すまいの語録』より抜粋)

投稿者 目黒区の一級建築士事務所オリガミックアーキテクチャー

アクセス


大きな地図で見る住所
東京都目黒区中町2-4-11
最寄駅
東急東横線 祐天寺駅
電話受付時間
平日・土曜
10:00~19:00
※平日都合がつかない方は、お気軽にご相談ください
定休日
日曜

お問い合わせ 詳しくはこちら