調査

2012年5月31日 木曜日

多角的にみる「シロアリ調査」

日本の木造には、シロアリ被害の恐れが付いて廻ります。
この国は概ね高温多湿の気候なので、適度の水分と温度、適度の栄養を好むシロアリには残念ながら住みやすい国となっています。
「怖い」と言いながら、意外と放置したままになっているお住まいも多いのではないでしょうか。

建築する際に、ヒノキ・ヒバなど強い材種を使う以外は、地上1mまでの柱・土台を防蟻処理するように法律で決まっております。
が、防蟻効果が永年持つわけではありません。一般に、現在の防蟻処理は昔ほど(健康に問題があるほど)強い薬品は使っていませんから、保証は5年です。つまり、建築後5年も経てば、防蟻効果は薄れていくのです。
アリは土伝いに移動してきますので、いつ、入ってくるかは誰にもわかりません。中古住宅を購入して5年以上経っていれば、一度調査をしてみた方がいいかもしれません。

一般に、基礎・土台回りと浴室の出入口などをよく見て回ります。
基礎は立ち上がり部分や換気口、ひび割れ部分など、シロアリの通り道がないか見ます。土台は、モルタルの中に入って見えない場合も多いですが、「現わし」で見えているところ、湿気の多いところはシロアリでなくても腐朽している可能性も疑ってみます。
浴室と脱衣室との出入口は特に水が浸みやすいので要注意です。
扉の枠や柱、敷居の隙間などから床下に水が入って湿ったままになり、土台や柱の床下部分がシロアリが食べてすっかりなくなっていたケースもあります。
床下の確認は普通できませんので、床下を見ることになります。
床下点検口や収納庫(外す)があると、そこから入れますので、もし今までなければ1か所でも、リフォームの際に作っておくといいでしょう。

シロアリの発見の仕方は、慣れていないとわかりにくいこともありますから、できれば信用できる専門業者がお勧めです。
当社では提携している専門業者があり、無料でシロアリ調査を承っております。
調査の際には略図と写真を撮り、可能であれば、実際見てもらうことにしています。

シロアリが今いなくても痕跡がある場合がありますので、消毒と予防をお勧めします。
予防には、昔ながらの木炭を使ったマットが手軽です。
そのほか、高湿度の原因として、結露や排水などの不具合の可能性もありますので、設備的建築的措置が必要になります。
土台や柱が傷んでいる場合には、床下地なども傷んでいる可能性もありますので、補修や一部取り換えなどの工事を伴います。

そういう意味でも、「多角的に見る」ということも大事です。
是非一度、調査をしてみませんか?
そして、一日でも早い安心を、お勧めいたします。



投稿者 目黒区の一級建築士事務所オリガミックアーキテクチャー

アクセス


大きな地図で見る住所
東京都目黒区中町2-4-11
最寄駅
東急東横線 祐天寺駅
電話受付時間
平日・土曜
10:00~19:00
※平日都合がつかない方は、お気軽にご相談ください
定休日
日曜

お問い合わせ 詳しくはこちら