研修会

2012年11月19日 月曜日

宅地建物取引業研修、中古住宅の再生リフォームの後押し

 宅地建物取引業にも、毎年数回の研修があります。その都度新しい法律や制度の研修や市場情勢などを国交省や建築士や弁護士などかた学ぶのです。
 この日は、中古住宅における住宅性能を上げるリフォームを後押しする方面の減税や助成制度、建築士によるリフォームの実例などの講習が主でした。
 不動産屋としては確かに利用できると強みにできる分野であり、当社ではそれを地で行っているものですから、正直、あまりやり方を広めないでほしいという気持ちもないではないのです。が、まだまだ、「所詮リフォーム」と思われてまだまだちゃんと改修すれば使えるのにスクラップ化されてしまう建築物が数多くあるのです。

 構造や、設備や、従来の中古住宅の弱みとされてきた部分をそっくり新しく更新してしまえば、気になるところはなくなるはずです。それどころか、先代から受け継いだものを残せたり想い出の柱や梁とともにまだ暮らせたりする意義は、計り知れないものがあるのです。

 でも。これまでは新築に負けてました。いろんな点で、本気でなかったからです。でも、来年あたりからは本腰を入れてくるようです。減税や助成対象も増えるのではないかと期待しています。

投稿者 有限会社オリガミックアーキテクチャー

アクセス


大きな地図で見る住所
東京都目黒区中町2-4-11
最寄駅
東急東横線 祐天寺駅
電話受付時間
平日・土曜
10:00~19:00
※平日都合がつかない方は、お気軽にご相談ください
定休日
日曜

お問い合わせ 詳しくはこちら