家づくりポリシー

2011年11月21日 月曜日

耐震補強工事の実態(1)耐震診断と調査

先日一軒の耐震補強工事が終わりました。
クロスや電気工事など復旧補修も入れて、延べ5日間、80万円以内で済みました。
住まいながら、しかも可能な限り日中ご高齢のお母様がデイサービスに行っている不在時に工事をする、というハードな条件付きでしたが
無事終わり喜んで頂きました。
当社では1~2か月かけて本格的耐震補強工事をすることが多いので、今回は最短工事でした。

こちらは16年前新築された住宅で、数年前に実は耐震補強されていたのですが、この間の地震が気がかりで
当社のやっていた無料の耐震診断をご希望されてのことでした。
(耐震診断は通常10万5千円で承っておりますが、年に数回無料で行っております。時期はお問合せ下さい)

まずは、診断のために、現地調査をいたします。午前中か午後の2~3時間頂いております。
最初に簡単なご説明をいたしますが、その後実態を見て頂くため、調査にご同席をお願いしています。

屋外では、基礎・外壁・屋根・雨樋・門扉などの傷み具合を見ます。ひびがあればその隙間も測ります。幅0.3ミリ以上あればチェックします。

屋内では、間取図のコピーを用意していただくと早いのですが、ない場合はその場で間取りを取って行います。
柱が出ていればその寸法や、床や壁の傾き度合い、内法高さもレベル(測量器)やスケールで測ります。
施工誤差の範囲内でしたら問題ありませんが、1000分の6、つまり1mで6ミリの違いがあればかなり問題です。

入れるところがありましたら事前にその周囲を片づけて頂き、床下や天井裏に入らせて頂きます。
床下では、基礎や土台の様子を見ます。含水率計で湿気もチェックし、問題があるか判断します。木造で土間コンを打っていない場合や5年以上措置していない場合、シロアリや腐朽がないか調べます。
天井裏では、雨もりの有無や小屋材の傷み具合や、構造などを問題ないか調べます。

という一連の調査を行い、事務所に帰ってからは専用のソフトに入力し、計算を行います。
混み具合もありますので、だいたい1週間後に診断書をお持ちしてご説明致します。
評点が1.0に満たない場合や(診断される住宅はほとんどそうですが)ご希望がある場合は、
別途、耐震補強設計を致します。評点を1.0、1.25、1.5などに設定したり、条件に応じて3通り位作成します。

こちらのお宅では、元の設計図がなく、家具などがあり壁の中の筋違位置も断定できなかったのですが、
数年前におこなったという補強設計図がありましたのでそちらの参考にさせて頂きました。

診断書もついていたのですが、細かく見ますと、現在では通常換算しない、600ミリ未満の壁も耐力壁計算しており、
実際その設計通りに施工されていても計算上より壁強さが劣っている、ということがわかりました。

新聞広告など行っている団体の設計施工だったので、そんなこともあるのかと驚きました。
できれば、専門家のセカンドオピニオンも受けるとよりベストかもしれません。


お客様にも伝え、今回、工期や費用の少なくて済む補強プランをお選び頂き、実施させて頂いたのです。
結果、補強前は0.96でしたが、補強後は1.30と強い住宅にすることができました。
(計算上は1.33になるところだったのですが、施工中、想定外のところに既存の柱が立っていて、それを抜かないことにしたため、壁の有効長さが少し短くなってしまいました。お客様にはご了承いただきました。)

いろいろ考えて設計して決めても、実際工事中にはいろんなことがあるものです。
同じ家は1つとありませんから、すべてがケースバイケースなのですけれど。

うちの場合はどうなの?そう思われましたら、是非一度、診断させてください。
もちろん、過去に耐震診断・補強されたお宅でも、ご安心のために。

いざという時でも、命を守り、避難のしやすい住まいに。
暮らしやすさとともに、そんな安心感をお届けできることを願っています。

投稿者 目黒区の一級建築士事務所オリガミックアーキテクチャー | 記事URL

2011年11月18日 金曜日

耐震補強の価値

近年、大震災の影響や近い将来起きる大地震の可能性が高いことなどから、
木造の既存の住宅の耐震性を見直すことが必須の課題となってきました。

先日も、現場で年季の入った大工と話していたのは、「昔と耐震の考え方が変わったよね」ということ。

具体的には、基礎や鉄筋の入れ方、筋違の方向や耐力壁の強さや材料の選択の違いなど。
長年やってきたからこそ、比較できて、よりいい方法を選び取ることができるのだと思います。


いろんな事故や事件、天災を教訓として、建築基準法をはじめとして、それまでの構造や耐震の考えを国レベルで見直し、
法律や条例を改正、追加したりするのですから、それまでと違った基準が生まれるのは当然のこと。
結果として、改正前と後の建築物の基準も変わってくるのです。

具体的にいいますと、まず現在「新耐震」といわれるの基本的な耐震基準の建築基準法は昭和56年に出来ました。
その後、平成12年に改正がありました。近く、また改正が考えられます。

ですので、いつごろ、つまりいつの時点の法律で建物が新築されたかどうか、で建築物の耐震基準が大まかに区分されてきます。
もし、皆さんの住宅がこれらの節目をはさんでいるようでしたら、一度耐震診断を受けてみてください。
昔診断を受けているようでも、基準が変わっていることも考えられますので、再度診断した場合に結果が変わってくる可能性もあります。

先月耐震調査・診断をしたお宅では、その数年前に診断を受けて耐震補強をされていたのですが、補強の計算基準が甘い部分が見られました。補強設計の考えは何通りもありますが、計算基準は同じでないとなりません。
診断に慣れた専門家でないとそれをみつけるのも難しいのですが、一般には評点の点数でしか判断はしにくいので見過ぎされていることもあるのかもしれません。

今、全国で「木造住宅の耐震をしましょう!」として各行政で助成金事業となっている住宅の対象は、昭和55年以前の建物が多いです(行政により多少基準が異なります)。

いつの時点でも、耐震補強はなるべく早いうちにされることをお勧めします。
ただ、耐震補強は万能ではありません。「想定」がもとになっているからです。
では、価値がないのかというと、決してそうではありません。
建物の倒壊を防ぎ、一瞬、一秒でも避難時間を長くとるために、また周囲の避難経路を確保できるよう減災のためにも、
大いなる価値があることなのです。

その意味では、壁の軸を強くするだけではなく、基礎のひびや屋根や外壁や雨どいなどを直すことも
「耐震補強」の小さな要素の一つと捉えて手を入れていきたいものです。

投稿者 目黒区の一級建築士事務所オリガミックアーキテクチャー | 記事URL

2011年11月17日 木曜日

モノづくりの極意

「ものづくり」と聞くと、なんだかトキメキます。
そんなあなたは、きっとモノづくりが好きな方。
1つの目標のために、いろんなアプローチや方法や材料を考えたりするのが苦しくも楽しく感じる方だと思います。

プラモデル・工作などがよく例に出されますが、頭と同時に手が動くタイプでないと実現できません。
でも、モノづくりはもっと広い意味で、イメージづくりできる方を含んで表現してもよいと思います。

つまり、こんな家がいいな、こんな部屋がほしい、とイメージできるなら、
ほら、もうモノづくりの第一歩を踏み出しているのです。

次は、もうやってそれを具体化させていこう???というところです。
夢を実現化に持っていく、ところです。

アンテナを張り、情報を集め、取捨選択していくのです。
できたら、そこで専門家の意見を取り入れてほしいものです。
意外と、思わぬ拾い物や思い違い、発見などがあるものです。

また、専門家に後押ししてもらえたら、嬉しいように思うのです。

投稿者 目黒区の一級建築士事務所オリガミックアーキテクチャー | 記事URL

2011年11月16日 水曜日

家づくりのタイミング

家探し同様、家づくりにも「タイミング」があります。
今までにも何度か考えたのだけれど、今一歩ためらっていた・・・そうかもしれません。
でも、実際家づくり、新築・増築・リフォームにかかわらず家づくりに取り掛かった方には、
それぞれ口にされることがあります。
「そういうタイミングだったから」。

結婚、出産、進学、転勤、冠婚葬祭がかかわることも稀ではありません。
そういう場合も多いのですが、意外と、「今がそのチャンスかもしれない」
と感じて決断される方も多いようなのです。
今、時間や余力があるうちにとか。働き盛りのうちにとか。例えば、第二の人生、とか。

もう一つ、背中を押してほしいときには、声を聞かせてください。
お話をお聞きするだけで、本気度がわかってくるのです。

そのタイミングが来たときには、何かしらわかるものがあると思います。

もちろん、物理的に時間を争うようなことがあるといけませんので
そんな時は蒼穹にご相談ください。

投稿者 目黒区の一級建築士事務所オリガミックアーキテクチャー | 記事URL

2011年11月 2日 水曜日

住まいの簡単な歴史③

住まいの簡単な歴史②の続きより・・・

ヨーロッパでは100年経つアパートに住むことも珍しくない文化に比べ、日本では30年程で取り壊し新築する1サイクル(スクラップ&ビルド)がよく非難され、残念に思うことが多々あります。

が、日本は古くは木造で作られてきたので、移築が多くされてきました。
いい建物は、柱梁などの部材の端端に番付を振り、1つ1つの部材を丁寧にほどき、ばらばらにして、移送しては新しい土地でまた昔の番付通りに組み立てる、ことをしていました。

時々古い屋敷の遺構などに「元は○○城を移築したもの」と説明書きを見かけ、当時の作業を想像し、歴史のロマンを感じます。

かの秀吉は金の茶室をあちこちへ持って?歩いて?いたそうです。(特別な御用絵師ならぬ御用大工がいたのでしょうね)

テレビの大掛かりなリフォームの前後を比較して楽しむ番組に、元の家の○○を使いました。と、家主が喜ぶ仕事が紹介されています。

古い材は反ったり曲がっていたりして加工が大変なのですが、歴史がつながっていると感じ、自分がそれをつなげることが出来た一人であったら、とても嬉しいだろうなと思うのです

投稿者 目黒区の一級建築士事務所オリガミックアーキテクチャー | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る住所
東京都目黒区中町2-4-11
最寄駅
東急東横線 祐天寺駅
電話受付時間
平日・土曜
10:00~19:00
※平日都合がつかない方は、お気軽にご相談ください
定休日
日曜

お問い合わせ 詳しくはこちら